法人・事業者向けサービス

相続関連サービス

その他

給与計算 支給日の決定

給与の支給日について。

 

毎月1回以上、一定の決まった期日に支給することが給与の原則です。

 

この原則さえ守れば、支給日は自由に決めることができます。

 

給与支給日は、締め日(給与計算の対象期間の最後の日)とセットで考えて決めることが重要。

なぜなら、締め日から支給日までの間には、必ずその月の給与計算を終わらせ、振込の場合は銀行への振り込み手続きなども完了しなければならないからです。
社内のその他の業務とのバランスなどを考慮し、余裕を持たせたスケジュールにすることが望ましいです。

そうしなければ、毎月必ずやってくる給与計算の時期がとてもあわただしくなってしまい、つらい日々に。。。

 

一般的なのは、月の前半から中盤(10日、15日など)で締めて、月の後半(25日など)に

支給するパターンです。

 

月をまたぐと、年末年始に給与計算をすることになりますので注意してください。

今すぐご相談ください。心をこめて対応いたします!

今すぐお問い合わせフォームから
お問い合わせください。

メールでの相談はこちら

24時間365日受付中

もしくはお電話から
お問い合わせください。

電話番号0774-66-5926

受付時間:9:00~18:00

一定の相談内容までは、初回無料で対応させていただきます。
税理士には守秘義務があります。ご安心ください。