法人・事業者向けサービス

相続関連サービス

その他

月別:9月2014

第7回精華マラソンにエントリーしてしまいました。

やってしまいました。

ほんとにいいのだろうか、わたしのような者が。

 

いや、エントリーは誰にでもできる!!!

 

お隣の精華町のマラソン大会に息子と二人参加することに。

3キロコースでエントリーしてしまいました。

 

え???

たった3キロ???とか言わないでください。

 

わたくし、運動まったくしておりません。でも、エントリーしたからには

無様な姿はさらせない。

というわけで、先ほどさっそく息子とランニング~

 

・・・断念。

3キロコース断念。

2キロのジョギングコースに変更申請することにします。

 

できることからコツコツと。

 

 

給与1か所からもらってて、副収入がある場合確定申告は?

「確定申告しなければいけないのかわからない・・・」

「そしてなにもせずそのまま・・・」

そんな不安を抱えているかたって結構多いのではないでしょうか?

 

ちょっとした事業をはじめたけど、どうなんだろう?とか。

1か所から給与をもらっている方は、その他の所得が20万円以下であれば

確定申告する必要はありません。

 
つまり、その事業の売上ー経費が20万円以下であれば

確定申告義務はないんです。

 

気になりながら放置しているのではなく、きちんと収支を把握されていれば

こんな心配いりませんので。

9月・・・

そろそろ確定申告の準備すすめましょうね。

 

女性限定、異業種交流会@京都のお知らせ

女性限定、異業種交流会のお知らせです。

行政書士の梶川先生とキャリアモチベータ―の山田先生と3名で

女性限定の異業種交流会「微魔女会@京都」を立ち上げることとなりました。

この微魔女会、実は全国版がありまして、その京都支部として
「@京都」が誕生しました。

 

 

そしてこのたび!

記念すべき第1回目のランチ交流会を開催いたします。
お気軽に参加してみてくださいね。

すでに事業をされている
これから起業したい
なにかに新しいことにチャレンジしたい

そんな貴方。お待ちしています。

日時 10月27日(月) 11時30分~13時30分

場所 Restaurant Espace(レストランエスパス)←詳しくはクリック

会費 2,100円(ランチ代)

参加申し込みは

nao-hijikata@hijikatax.jpまでメールでご連絡ください。

ビジネスだけでなくプライベートなことまでいろんなことをお話して、
楽しい時間にしましょう。

期限後申告について②

期限後申告について、簡単に説明しましたね。

そんな期限後申告であっても、次の要件をすべて満たせば、

無申告加算税は課されないこともあります。

 

① その期限後申告が、法定申告期限から2週間以内に自主的に行われている

② 期限内申告をする意思があったと認められる一定の場合に該当する。

では、この一定の場合とは、なんなのか?

次の(1)、(2)どちらにも該当する場合です。

 

(1) その期限後申告に係る納付すべき税額の全額を法定納期限までに納付していること。

(2) その期限後申告を提出した日の前日から起算して5年前までの間に、無申告加算税又は重加算税を課されたことがなく、

かつ、期限内申告をする意思があったと認められる場合の無申告加算税の不適用を受けていないこと。

 

期限後申告によって納める税金は、申告書を提出した日が納期限となりますので、その日に納めてください。
そして、期限後申告の場合は、納付の日までの延滞税を併せて納付する必要がありますので。。。

 

気が付いた時点で早く申告しましょう!!!ほっといたらえらいことになります。

確定申告を忘れていたら?期限後申告について①

所得税法では毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について、

翌年2月16日から3月15日までの間に確定申告を行い、所得税を納付します。

自分は確定申告しなければならないことに今気が付いた方!

 

期限内に確定申告を忘れた場合でも、自分で気が付いたらできるだけ早く申告するようにしてください。

 

期限後申告として取り扱われます。

 

期限後申告をしたり、所得金額の決定を受けたりすると、

申告等によって納める税金のほかに無申告加算税が課されます。

 

各年分の無申告加算税は、原則として、納付すべき税額に対して、

50万円までは15%、50万円を超える部分は20%の割合を乗じて計算した金額となります。
税務署の調査を受ける前に自主的に期限後申告をした場合には、

この無申告加算税が5%の割合を乗じて計算した金額に軽減されます。
申告すべきか気になりながらほっておいて、最悪なケースが税務調査で判明してしまい、

無申告加算税が課される場合。

税金50万円まででも15%の加算ですよ。

 

自主的に申告すればこれが5%の加算です。

 

気になってそわそわしているなら、税務署に問い合わせするのも一つの方法です。

12

今すぐご相談ください。心をこめて対応いたします!

今すぐお問い合わせフォームから
お問い合わせください。

メールでの相談はこちら

24時間365日受付中

もしくはお電話から
お問い合わせください。

電話番号0774-66-5926

受付時間:9:00~18:00

一定の相談内容までは、初回無料で対応させていただきます。
税理士には守秘義務があります。ご安心ください。