土方奈緒ブログ

決算節税対策:前払家賃

利益が多く出て、今期できればもう少し節税したい・・・

そんなとき「家賃1年分の前払をする」節税できます。

継続処理を要件として 当期に払った前払費用(前払家賃)のうち、その支払った日から1年以内に役務の提供をうける期間のものは

その事業年度に支払った日の属する事業年度において

その全額を損金に計上できるからです。

支払時期や、対象期間を誤ると損金になりませんので

ご注意ください。

ワークアズライフ

ここ、数年。

ワークライフバランスだ!と

仕事とプライベートを切り離して考えようと

してました。

わたしには無理です。

 

仕事があって、楽しめる。

バランスとれる。

 

それに最近気が付きました。

そしてたまたまテレビで落合陽一さん。

ワークアズライフ。

 

 

まさに。

 

わたしはワークアズライフでいきます。

これからを稼ごう 

これからを稼ごう。

ホリエモンの本読みました。

 

お金がなくて不安だとか、資産を少しでも

残したいとか、そんな小さな悩みにとらわれていると、

これからを見失うだろう。

 

うん、なんとなくわかる。

 

社会実験を楽しもう。

テクノロジーを信じよう。

 

うんうん。わかるわかる。

何事もやってみないとね。

自営業の心得

開業して数年たちます。

最初はとにかくがむしゃらになんでもチャレンジしました。

 

営業ツールとして必要ないと判断したものは

とりあえず時間のあるときにやってみる。

 

・・・という信念のもと、保険代理店も1年目に資格を取って登録していました。

相続税対策、法人の節税対策になにかと有効活用できるはずと

判断しての登録でした。

ですが、まったく活用することなく、契約解除。

 

税務に携わっていると保険は切っても切り離せない関係です。

ですが、やはり専門家でない、また本業である税理士業務に時間を使うため

提案までする時間がなかったのです。

 

まかせるところはまかせる。

いまとなってはこの判断は間違いではなかったなあと思います。

 

自営業はなんといっても「時間」に制限がある中で

顧客の信頼を勝ち取らなければなりません。

その中であっちもこっちも手をだして、信頼を失うのは本末転倒です。

 

自営業に大切なのは

時間

横の関係(信頼できる業者)

 

あ、それと自営業に限らずですが

 

健康!!!

ですね。

 

 

 

 

 

開業費の会計入力は?

起業サポートの中でよくでてくるのが

「開業前にはらった経費は、どうやって入力すればいいんですか?」

という質問。

こういう質問がある場合、その領収書が膨大な場合が多いですね。

 

もちろん、ひとつひとつを入力するのがベストです。

 

ですが実務では、開業費の詳細を別途エクセルなどにまとめて集計して

それをまとめて 開業費として計上することもあります。

 

その場合でも、開業費として入力したもとになる領収書などはきちんと

わかるように整理して保管しておきましょう!